アトピーと上手に付き合うために

アトピーは小さい子供から大人になっても急に発症する病気なんですよね。

乳幼児の頃にアトピーになると年齢と共にマシになっている場合が多いんだけれど、大人になってからアトピーになると中々治らなくて大変な思いをする人が多いんです。

けれどアトピーは中々完治という事が難しく、アトピーを発症してしまうとアトピーと上手に付き合う方法を考えていくようにしなければいけません。

アトピーは一年中皮膚に痒みが出るものだけど、冬の乾燥時期が一番辛くてとても痒くて寝ている間でも無意識のうちに身体を掻いてしまうような状態なんですよね。

アトピーの治療法にはそれぞれの医者や患者の考え方があって、ステロイドを使うべきが使わないべきかは個人の考え方が多いものなんです。

特にアトピーになっているのが子供の場合、ステロイドの使用を心配される親も多いんだけれど、アトピーはひどくなって炎症状態になってしまうと特に子供の場合が掻き毟らないように我慢するという事が非常に難しく、その場合はやはり私はステロイドを使う方が子供のためだと思うんです。

炎症をとめるのにステロイドはとても有効で、炎症が起こっている間はステロイドでその炎症を鎮静化してから、乾燥を防いで痒みをとり炎症を防ぐという意味で予防するべきだと考えてます。

冬場は特に乾燥しやすいから念入りにローションなどを使って乾燥防止のためにしっかり塗って、アトピーにオススメなのが夏の海です。

実はアトピーには海水というのが非常に有効だから、夏には海に行っておもいっきり泳いでみましょうね。

アトピーは遺伝するもので、親がアトピーだと子供もアトピーになる可能性はあるけれどしっかりアトピーの対処すれば必ずよくなるのであきらめずに頑張りましょう。

(兵庫県 ゆっこちゃんさん)