軽度のアトピーの治療にロコイドクリームを使用しています。

注目

私は軽度のアトピー体質があり、慢性的にではありませんが、時々体の特定の箇所にかぶれ、ただれのような症状が出る時があります。

左耳の後ろは特にかぶれやすいところなのです。

アトピーの症状がひどい時、皮がむけてかゆみや赤味も強いような際には皮膚科を受診しています。

耳の後ろ用に処方される薬は通常ロコイドクリームです。

アトピーやかぶれ等の皮膚トラブルには、ステロイド軟膏が処方されますが、ステロイド軟膏には副作用もあるため、私のかかりつけ医は、顔周りに使用するステロイドは、比較的軽めなものにしているようです。

体にもう少し重度のかぶれが出た時に処方されるステロイドは、だいたい透明、半透明でかなりネバネバしていますが、ロコイドクリームは白く、まさにその名の通りクリーム状です。

ロコイドクリームはあまりべたべたすることはなく、さっと患部に塗ることができます。

ロコイドクリームを朝、昼、晩、きちんと塗っていれば、私の場合は二、三日でアトピーの症状は治まりますが、皮膚科には五日~一週間程度は続けるようにと言われていますので、通常その通りに使用します。

小さな部分に一週間塗ったくらいだと、一本はだいぶ余りますので、二、三回はトラブルに対応できるように思います。

ステロイドが弱いせいか、腕の内側等、広い範囲がかぶれた時に、強い薬を切らしていたら代用しますが、やはり透明、半透明のものに比較すると、効果は弱いように思います。

しかしそんな場合でも多少は改善は見られます。

ステロイド軟膏は何種類か常備して薬箱にしまってありますが、用途や効能をうっかり忘れてしまうことがあります。

ロコイドクリームは、名前が短く覚えやすいこと、パッケージの線がオレンジ色で目立つので、耳の後ろのトラブルの時、間違えずに手に取ることができ、便利だと思っています。

(東京都 ななせさん)

>>ロコイドクリームはこちらからも購入できます。




弱いステロイド薬ロコイドクリームをアトピーの症状が悪化しそうな時に使っています。

軽いアトピー体質なので、時々、症状が悪化しそうな時にロコイドクリームを使用しています。

アトピー肌の治療薬として使われるステロイドの中でも、あまり強くないクリームです。

ステロイドは長期で使用するのはよくないと言われ敬遠される事が多いので、ロコイドクリームは弱めの薬なので、そんな人にもおすすめです。

私も出来ればステロイドの使用は避けたいと思っているので、症状がひどくなりかけた時だけ、このロコイドクリームを短期で使用しています。

アトピー症状が出ている時に、ロコイドクリームを1日2回程度塗ると、アトピーの症状も徐々に治まってきます。

そして、治まったところですぐに使用をストップしています。

それから、それほどアトピーの症状がひどくない時には、ロコイドクリームを更にワセリンと配合して成分を薄くしたクリームを使用する事もあります。

こうする事で、ステロイドの使用量も少なくなる上に、クリームの伸びも良くなり、肌に浸透しやすくなります。

病院でお願いすれば、ワセリンと混ぜて出してくれるところもあります。

ロコイドクリームの注意点としては、あまり頻繁に使ってしまったり、長期で使用しようしないという事です。

だんだんと皮膚が慣れてしまい効果がなくなり、もっと高濃度のステロイドを使わざるをえなくなってしまうからです。

出来るだけ使用する時は短期集中で使用するようにしています。

ロコイドクリームは、主に病院で処方されます。

ドラッグストアでも似たようなものが売っていますが、保険も効くので病院でお願いした方がおすすめです。

また、弱めのステロイド薬なので、小さい子や顔などの敏感な部分にも使用できます。

ちなみに私はアトピー症状以外でも、妊娠中のニキビの治療薬として婦人科でロコイドクリームを処方されました。

色々な皮膚疾患に使用できる万能薬のようです。

(東京都 はなはなさん)

>>ロコイドクリームの購入はこちら




子供のアトピー性皮膚炎の治療にロコイドクリームを使ったら、痒みの症状が改善してきました。

子供がアトピー性皮膚炎でした。

赤ちゃんのときは保湿剤で乗り切っていたけど、アトピーの症状がひどくなってきたことでステロイド剤を使う事にしました。

ステロイド剤と聞くと抵抗があったのですが、アトピーの薬にも段階があり最初に処方されたのがロコイドクリームだったのです。

ロコイドクリームはかなり弱い薬なので赤ちゃんでも使えるということで、ロコイドクリームと保湿剤をセットで使用することにしまいした。

最初は弱いからと言ってもロコイドクリームはステロイド剤なので少しの量を塗っていたのですが、量が少なすぎたのか全く効果がでませんでした。

塗った場所は肌が硬くなってるスネの部分でした。

乾燥の為に皮膚がかたく、その為に痒みが出てきてるのでまずは柔らかくする為にしようしたのです。

人差し指の第一関節までの量を両手を広げたくらいの塗ると日々症状が改善してきたのです。

夜も痒みで寝れなかったのに段々と起きないで寝れるようになってきたのです。

しかし、あまり長期にわたり使用していると段々と効果が出にくくなり高い段階の薬になっていくので、なるべく調子の良いときは薬を塗らずに保湿剤だけで乗り切るようにしました。

しかし、やはり薬に頼ることが多く、ロコイドクリームでも効きにくくなり強い薬を塗るようになってきたのです。

これは子供の為にいけないと危機感を覚えて、そこから今度はステロイド剤を使う事を止める方向へもってきました。

一時塗らないとロコイドクリームでもすぐに痒みを抑えてくれるのです。

なので本当にどうしようもなく痒みがあるときだけロコイドクリームを塗り、少しずつ減らすことが出来ました。

ロコイドクリームなどのステロイド剤は使い方さえ間違えなければ弱いレベルでもかなり早く改善してくれるのです。

(福岡県、あみりくさん)

>>コロイドクリームの通販サイトはこちら




ロコイドクリームで顔のアトピーが治りました。

大人になってから顔にアトピーができるようになりました。

おでこやほっぺたを中心に見た目には湿疹などが無いのにもかかわらず、強いかゆみがあるのが特徴でした。

特に夏場になって汗をかくとかゆみが強くなる傾向にありました。

皮膚科に行って診察してもらうと顔のアトピーに使えるステロイドはごく弱いものだけなので、処方できるものとしてはロコイドクリームぐらいだと言われました。

ロコイドクリームは顔にも使えるぐらいなので、ステロイドの中では下から2番目に弱いランクのものだということでした。

ロコイドクリームは顔には使えるけれど、効果はそれほど強くないので顔のアトピーに塗っても即効性はあまり期待できないということでした。

もしも全くアトピーが改善しなかったらもう一段階上のステロイドに変えるということで、とりあえずはロコイドクリームが処方されることになり様子見ということになりました。

ロコイドクリームは白いクリーム状の塗り薬で、顔に塗ってみるとべたついた感じになりますが、次第に皮膚へ吸収されてくるのでべたつきやテカリが気になることはありませんでした。

ただ、しっかり塗り込んでおかないと、白いクリームが肌に残るので気をつけなければいけませんでした。

皮膚科医からは、アトピーが気になる箇所にロコイドクリームを擦り込むことはしないでという注意があり、あくまでも、おでこや頬の皮膚に出来るだけ薄く伸ばすようにして置く感じで使用することが大切だということでした。

やはり、いくら弱めのステロイドとはいえ、顔に使うときには慎重にしないと、赤みや色素沈着などの思わぬ肌トラブルを起こしてしまう原因になるのだと知りました。

ロコイドクリームを朝晩塗り始めて1週間ほどで、おでこや頬のアトピーのかゆみはほぼなくなりました。

最大2週間までの連続使用ということだったので、2週間きっちりで、アトピーも完治したようにみえたので、そのまま使用を中止しました。
私のような軽度のアトピーには、ロコイドクリームはとても良い塗り薬だと感じました。

(神奈川県 みおさん)

>>ロコイドクリームはこちらの通販サイトで買うことができます。