アトピー対策をしてるつもりでもアトピーが改善しない理由

激しい痒みを伴う皮膚のカサつきや湿疹を引き起こすアトピー性皮膚炎は、一度治ったと思っても、再発を繰り返す厄介な疾患です。

痒みは人が感じる感覚のなかで、最も耐えがたいとされているものですので、何とかしてアトピーの症状の軽減や再発防止をしたいものですよね。

アトピーが発症する原因はいくつもありますが、やはり多いのは、ダニやカビ、ハウスダスト、ペットの毛垢という方が多いです。

これらは毎日掃除をしていても、完全に取り除くのは難しいものです。

でも、ちょっとした工夫をすることで、増やさない事は出来るんですよ。

家の床はどんな状態ですか?

しっとりと落ち着いた雰囲気の和室、毛足が長く色鮮やかなラグ、すっきりとした印象のフローリング、優しい踏み心地のコルクやスポンジなど、自分や家族の好みに合わせ、カスタマイズしている方も多いですよね。

アトピーの軽減を目指すなら、高温多湿を好むカビやダニの繁殖しやすい、畳やラグは避けましょう。

フローリングはカビやダニに強く、掃除もしやすいのでお勧めですが、掃除機を使うとダニやホコリを舞い上げてしまいますので、硬く絞った雑巾やモップを使い、アトピーの原因物質を取り除くようにしましょう。

フローリングは硬さや冷たさが苦手だという方も居ますよね。

そんな時には、コルクのジョイントマットが便利です。

ソフトな質感ながら、織物と違ってダニの温床になりにくく、通気性があるのでカビも発生しにくいんです。

ついでにコルクは水洗いをすることができるので衛生的なんですよ。

布団は天日干しより、乾燥機と掃除機を併用しましょう。

寝汗で湿度の高まる寝具には、ダニやカビが発生しやすいものなんです。

天日干しをすれば湿度は下がるものの、ダニを死滅させるだけの温度にはなりません。

布団乾燥機でしっかりと熱を伝えて乾燥させ、死骸を掃除機で吸い取るようにしましょう。

掃除機をかける時には、排気口を窓の外に向け、室内にまき散らさないように注意しましょうね。

毎日のスキンケアも忘れずに。

保湿だけを意識して、油分を補う事を忘れている方って多いですよね。

純度が高くて油焼けしにくい白色ワセリンや、ヘパリン類似物質(ヒルドイドなど)を薄く塗り、肌を乾燥と刺激から守るようにしましょう。

(東京都 ゆかりさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です