アトピーの対策はアクアセラミドゲルで保湿すること。

10代の頃からアトピーに悩まされています。

一時的に良くなった時期が過ぎた後、やはり治ったとしてもちょっとしたことから肌の状況が悪化してしまいます。

季節の変わり目に肌荒れすること以外にも、刺激に弱いため薬品や洗剤が手に付くことで肌がひどく荒れてしまうことがあります。

今は主婦をしているため手を使う仕事が多くて、アトピーが良くなったり悪くなったりを1年のうちに何度も繰り返しています。

連休などになると家事の頻度が落ちるために一時的に肌荒れも良くなるのですが、平日は1日家事で何度も手を使うため手荒れがひどくって困っています。

手荒れに効くという薬を何種類か試してみたものの、一時的に改善しても、また洗剤を使うことで悪化してしまいます。

ステロイド薬だと、使ううちに効果があまり感じられなくなりますし、長期間使う不安もあります。

ダメモトで試してみようと思ったことが、保湿ケアです。

アトピー肌というのは健康な肌の人より肌のバリア機能が低い状態です。

さらに水仕事などを繰り返すとバリア機能を作り出す肌の中の保湿因子などがどんどん減ってしまいます。

正常な肌に戻すためには保湿をすることが効果的なのではないかと気付いて、できるだけ肌に優しい保湿剤を使うことにしました。

一番良いと思った保湿剤はゲル状の化粧品でアクアセラミドゲルです。

アクアセラミドゲルはデリケートな肌の人用に作られているものです。

アクアセラミドゲルの成分自体も保湿成分のセラミドをメインに作られていて、肌につけた時にも刺激はほとんどありません。

アクアセラミドゲルを塗ると肌の状態がとても落ち着いて、アトピーで気になる痒みや痛みも収まります。

アクアセラミドゲルを水を使った後にこまめに塗るようにしています。

最初はひどい時には薬、症状が落ち着いている時には保湿剤と使い分けていましたが、1ヶ月ほど経った頃、薬なしでも十分に肌の状態が落ち着いてきたのが分かりました。

肌の状態がそれ程ひどくなく、かさかさと乾燥していて痒みがあるアトピー肌の場合、保湿する方法はかなり有効な対処法だと感じました。

(三重県、うめっこさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です