アトピーの痒みや腫れが出たときの対処法は冷やすこと

アトピーの痒みや腫れが出てしまった時にすぐ出来る対処法として、冷やす事です。

顔や体に痒みが出る場合、それがアトピーの原因ではなくても冷やす事で痒み軽減の効果を感じる事を体験した事のある人はいると思いますが、アトピーの痒みや腫れに関しては絶対的に冷やす事が重要となります。

アイスノンやアイスシートなどで冷やすと痒みは軽減されます。

アトピー体質の人は身体が暖まったりする事で痒みが出ることがあるのですが、布団に入り寝入りばなで身体が暖まった時や、お風呂上りで身体が芯から暖まった時に痒みを感じる事があるのです。

寝る時に身体が暖まる事は仕方ないとして、アトピー症状が出ている時は入浴の仕方には気をつけたいものです。

痒みが出ている時は湯船に浸からず、シャワー程度で済ますことが痒みにつなげない対処法だと思います。

しかし、いつもシャワーだけで済ませていると、毛穴を完全に開かせて老廃物を外へ出すことが出来ないのです。

痒みが出ていない時や腫れがない時は、低い温度(38度)で半身浴をしてじっくりと体が汗を出す事も、アトピー改善へ繫がる重要な事なのです。

ですから、普段から自分の体調や痒みの具合をチェックしてアトピーと付き合うことがとても重要という事になります。

また軽度の痒みの時は薬を使わずにワセリンなどを使い、肌を乾燥させない様にする事もアトピーの人にとっての対処法だと感じています。

とにかくアトピー肌の人は乾燥から皮向けや痒みに繫がり、掻いた箇所に菌が入り腫れてしまうという繰り返しになってしまい、いつの間にかアトピー症状が慢性化してしまうので、早め早めのケアを対処は最も重要になります。

普段から肌を清潔に保ち、肌を乾燥させず、痒みがある時は長湯厳禁、身体を暖め過ぎない様にすることが最大のポイントです。

(埼玉県 M,Mさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です