ワセリン保湿でアトピーを克服しました。

アトピーの対処法で、私が何より声を大にして言いたいのは、とにかく、まずは皮膚科へ行くことです。

と、いうのも、私自身がアトピー発症後、肌が痒いくらい普通に保湿しておけば治るだろうという自己診断を下してしまい、日常生活に支障を来たすほど悪化させてしまった経験を持っているからです。

まずは皮膚科へ行き、痒みを止める薬を処方してもらう事。

処方された薬で痒みを克服する事が、第一の対処法です。

痒みを克服してからは、保湿です。

アトピーは基本的に肌のバリア機能が低下している事を一因として発症するので、痒みを超えたら、すぐに正しい保湿ケアでバリア機能を回復させる事が重要です。

ただ、その保湿ケアの方法を間違えてしまうと、すぐにアトピーが再発、場合によっては悪化してしまいます。

保湿ケアと言えば、すぐに化粧水を思い描くかと思います。

勿論、化粧水でアトピー克服のための保湿ケアを行うのは間違いではありませんが、アトピーを発症している肌と相性の合う化粧水を探すのは非常に難しいです。

高価な敏感肌用の製品でさえも、アトピーの症状と情況によっては再発、悪化の要因となる可能性をもっています。

私がオススメしたいのは、ワセリンによる保湿です。

ワセリンの保湿の方法は非常に簡単です。

風呂あがりに、タオルで水を拭く前に、アトピーの患部にワセリンを塗りこむだけです。

タオルで水分を拭くと、肌の奥にある水分まで全て拭き取ってしまうので、乾燥の原因となります。

タオルで拭く前に、肌の奥にある水分をワセリンで蓋をして閉じ込めるという非常にシンプルな方法です。

ワセリンには肌を刺激する成分が入っていないので、アトピー肌でも安心して使える為、非常にオススメです。

皮膚科で処方された薬で痒みを克服し、ワセリンでの保湿で肌のバリア機能を復活させるという二段構えで、私はしつこいアトピーを克服しました。

ワセリンでの保湿の方法としては手軽だし、リスクも少ないので、アトピーに悩んでいる方には是非試してみて欲しいです。

(大阪府 じろうさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です