アトピー性皮膚炎で、顔などの敏感な部分にはアルメタ軟膏を塗っています。

私はアトピー性皮膚炎で現在皮膚科に通院しています。

その中で顔など敏感な部分にはアルメタ軟膏を塗っています。

アルメタは合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)の中では比較的弱い薬ですので、目の周りなど粘膜の近くに塗っても問題は特にありません。

ただし、弱いとは言ってもステロイド剤なので、使い続けると副作用が出てくることもあるため、きちんと医師の指示に従い使用するようにしてください。 

私の場合はアルメタ以外にフルメタ軟膏(腕など上半身)デルモベート軟膏(下半身)と使い分けて使用しています。

フルメタ軟膏とデルモベート軟膏は強力なステロイド剤なので、決して顔などには使用しないようにしてください。

それに比べてアルメタ軟膏は安全かとは思います。

しかし、アルメタ軟膏を目の周りに使用し続けるようなことをしていると白内障などの恐れも出てきますので、気を付けるようにしないといけません。 

アルメタ軟膏を使用していると痒みは治まり、赤みも消えますが、治まっているだけで治っているというわけではないので、アトピー性皮膚炎を治そうと思われている方は薬以外にも室内を清潔にすることや、日常でのストレスを溜め込まないようにすることも大切です。 

私は仕事中のストレスが多く、そのために改善することなく悪化していった結果アルメタ以外の強力なステロイド剤を使用しなければならなくなりましたが、ほかの方々がそうならないためにも、生活の質の改善と体質の改善を忘れず行うようにするようにしてください。 

また、ステロイド剤の他にヒルドイド等の保湿剤も処方されることが多いと思いますが、そちらの塗り忘れも気を付けるようにしてください。

忘れるとせっかく赤みが消えてきた傷も寝ているうちに乾燥により痒くなり掻いてしまい結果悪化してしまうといった悪循環に陥る可能性があるためです。

そうならないためにも、もし初めて皮膚科へ受診してアルメタと保湿剤を処方された場合は、それ以上悪化しないようにすることが大切です。

悪化してしまっている方はアルメタ等の弱いステロイド剤まで下げれるよう努力していきましょう。

(福岡県 ゆうさん)

>>アルメタ軟膏はこちらから購入できます。